Google Analyticsの設置方法

Google Analyticsの設置方法
SEO

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、WEBサイトの分析を行ううえでなくてはならない必須ツールで、SEO対策を行うための要ともいえます。この記事では、Google Analyticsの設置方法についてわかりやすく解説します。



Google Analyticsの概要

Google Analytics(グーグルアナリティクス、と読みます)は、WEBサイトの訪問者数はもちろん、どのページに、いつ、誰が(男女別、国籍別など)、どこから(どのサイト経由か、または検索からか)訪問したか、そしてどれくらいの時間滞在したのかなど、非常に細かくユーザーの動向を分析・把握する事ができる、グーグルの提供している無料ツールの一つです。

SEO対策への活用としては、例えばどこかのページの訪問者数が他のページより突出していることがわかれば、なぜそのページだけが多いのかを分析し、例えば同一テーマで別角度からの記事を増やしてみるなど、さらなる集客アップにつながる手だてを考えることもできます。

WEBサイトの分析という点において、Google Analyticsはこれ一択といえるほど高性能な無料のツールであり、SEO対策にとって欠かせない解析必須ツールです。

以下、Google Analyticsを設置する手順となります。

Google Analyticsの設置にはGoogleアカウントが必要

Google AnalyticsをWEBサイトに設置するには、Googleアカウントが必要です。なお、一つのGoogleアナリティクスアカウントで複数サイトを登録・管理できるため、通常は1つのアカウントがあれば問題ないと思われます(登録上限は5000サイト)ので、すでにGoogleアカウントを持っている場合には次の『Google Analyticsの設置』へ進んでください。

もし何らかの理由でGoogleアカウントを変更したい場合には新規に取得する必要があります。Googleアカウントの取得方法については↓の記事をご覧ください。

Google Analyticsの設定手順

それではさっそくGoogle Analyticsの設置作業に入っていきます。以下、Googleアカウントにログインした状態で作業を進めてください。

Step01:Google Analyticsのアカウント開設

まず、Googleマーケティングプラットフォームへアクセスします。

Googleマーケティングプラットフォーム

赤枠の『無料で利用する』をクリックすると『Google Analyticsへようこそ』画面が表示されるので、『測定を開始』をクリックします。

Google Analyticsアカウント開設

Step02:アカウント設定

Googleアナリティクスのアカウント設定

①アカウント名には、例えば会社名、サービス名などの名前を入力します(なんでもOKです)。

②データ共有オプションは、問題がなければチェックを入れます。初期状態では一番上の『Googleのプロダクトやサービスにチェックが入っていませんが、ユーザーのより詳細な情報が分かる可能性があるため今回はチェックを入れます。

設定が終わったら③次へをクリックします。

Step03:プロパティの設定

プロパティの設定

④プロパティ名には、わかりやすい名前(例えばサイト名など)を入力します。
⑤タイムゾーン『日本』を選択します。
⑥通貨『日本円(JP ¥)』を選択します。

⑦『詳細情報を表示』をクリックすると、⑧ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成のON・OFF設定ウィンドウが表示されます。

この記事執筆時点(2022年2月)では、という前提で、ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成を⑧ONにして、⑨WEBサイトのURL蘭に解析したいサイトのURLを入力しますが、注意点としてhttpsとhttpの違いと、右側には『www』から始まるURLのみ入力してください(末尾のスラッシュ(/)も不要です)。

その下のラジオボタンでは、⑩ユニバーサルアナリティクスプロパティのみを作成するを選択してください。

なお、ユニバーサルアナリティクスプロパティの説明文の中に『(ユニバーサルアナリティクスプロパティは)推奨されていません』などと記載してあるのですが、これには↓のような理由があります。

ユニバーサルアナリティクスとはGoogle Analytics(GA)のバージョンの名称で、バージョンとしては一つ前のものとなります。

現在のGoogle Analytics(GA)の最新バージョンの名称は『Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)』といい、Google Analytics導入時にはデフォルトでGA4が推奨されていて、最新版のGoogle Analyticsを使用してほしいGoogleの意向もあり↑のような『(旧いバージョンは)推奨されません』と表記されているのです。

『だったら最新版の方がよいのでは?』と、本来ならそうなるのですが・・・

GA4は現在も日々アップデートが繰り返されていて、進化し続けています。また、そのような理由もあってかGA4に関する情報はまだまだ少なく、そのような背景から、既知の完成された解析ツールであるユニバーサルアナリティクスの方が情報も多く扱いやすい、ということになります。

いずれは主流がGA4に代わっていくと思いますが、この記事では以上のような理由によりユニバーサルアナリティクスの選択を前提として話を進めていきます。

設定が終わったら⑪次へをクリックします。

Step04:ビジネスの概要

ビジネスの概要・情報

⑫業種の中に適合する業種が無い場合には、ジャンルを大きくとらえておおまかな業種を選択するか、『その他』を選択してください。
⑬ビジネスの規模、⑭目的はそれぞれ該当するものを選択してください。

全て設定したら⑮作成をクリックします。

Step05:Googlleアナリティクス利用規約への同意とメールの配信設定

Googleアナリティクスの利用規約が表示されるので、まず日本語表示を選びます。

Googlleアナリティクス利用規約への同意

次に、内容を確認してそれぞれに同意のチェックボックスをクリックしたら、最後に下部にある同意するをクリックすると、今度はGoogleからのメールの配信設定ウィンドウが表示されます。

メール配信設定

これは任意でかまいませんので、選び終えたら『保存』をクリックします。

初めての場合は多少てこずるかもしれませんが、管理するサイトが増えて慣れてこればここまで5分もかからずできるようになります。次からは、サイトにGoogle Analyticsを設置していきます。

Google Analyticsの設置

Google Analyticsの設置作業に入っていきます。↑の最後でメールの配信設定を終えると、Google Analyticsの管理ウィンドウが表示されます。

トラッキングIDの確認とトラッキングコードのコピー

トラッキングコードとトラッキングID

画面上部に記載されているのがトラッキングID、画面中ほどに表示されているのがトラッキングコードです。

トラッキングIDとは設置対象となるサイトごとに識別のために付与される固有のIDのことで、今回はユニバーサルアナリティクスで設定したので『UA』を先頭にしてその後に固有の数値が与えられています。

トラッキングコードとはGooglle Analyticsの解析のために使われるコードで、識別のためにトラッキングIDが含まれています。

トラッキングコードのコピー

付与されたトラッキングコードを『<!– Global site tag (gtag.js)』 から『</script>』まで全てコピーして、下線の説明に従いWEBサイトの<head>タグ内に貼り付ければ、Google Analyticsの設置作業は完了です。

トラッキングコードの設置①:HTMLファイルの場合

コピ―したトラッキングコードを<head>タグの直下に貼り付けます。

HTMLファイルへのトラッキングコードの設置

これを解析対象であるWebサイト全体のHTMLファイル全てのページで行っていきます。

トラッキングコードの設置②:Wordpressの場合

WordPressの場合、環境によって設置方法が異なります。

まず、TCDのような高機能なテーマの場合、Wordpressの管理画面から全てのページにトラッキングコードを自動的に貼り付けることができます。↓はTCDのWordPressテーマ「DROP」の管理画面です。

TCDのアナリティクス設置

カスタムスクリプトの入力欄があらかじめ用意されていて、ここに貼り付ければ全てのページに自動的にトラッキングコードが貼り付けられます。

また、プラグインの『All in One SEO』を使用している場合は、All in One SEOの管理画面でトラッキングコードを入力するだけで自動的に全てのページにトラッキングコードが設置されます。

All in one SEOのGooglle Analytics設置方法

『一般設定』➡『ウェブマスターツール』から『Google Analytics』を選択し、下方の入力エリアにトラッキングコードを入力すれば設置は完了です。

もしテーマがカスタムスクリプトに対応しておらず、All in one SEOも使用していない場合は、『外観』➡『テーマファイルエディタ』を選択後、右側に表示されている『テーマファイル』内から『header.php』を選択し、<head>タグ内にトラッキングコードを設置します。

テーマファイルエディタで設置

ただこの方法だと、テーマファイルの更新があった場合にはトラッキングコードが消失してしまうので、更新時には再度トラッキングコードを設置する必要があります。

Google Analyticsの動作確認

Google Analyticsを設置したら、正しく設置できたか、動作しているかの確認が必要です。まず、ご自身のサイトに別のタブでアクセスしている状態で、下記の操作を行ってください。

Google Analyticsの動作確認

Google Analyticsの『リアルタイム』をクリックすると表示される『アクティブユーザーのリアルタイム』に『1』と表示されていれば、Googlle Analyticsは正しく設置されています。なぜなら、『1』というカウントは現在アクセスしているあなた自身がカウントされているということになるからです。

もしアクティブユーザーが0の場合、トラッキングコードが正しく設置されていない可能性がありますので、再度設置の工程を試してみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧