SEO対策の基本を知る

SEO対策の基本を知る
SEO

SEOとはそもそも何か、SEO対策には何が必要でなぜ大切なのか。これは誰もが知りたいことですが、まず初めに言っておきます。すぐに検索ページトップに表示されるような『SEOの秘訣・特効薬』などといったものは、存在しません。でも、SEOへの理解を深めれば、効果的な対策が見つかります。この記事では、SEOとその対策についてわかりやすく解説します。



そもそもSEOとは何か?

そもそもSEOとは何か

SEOとは『検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)』の頭文字をとった略語です。

SEOという言葉はネット黎明期から使われている、IT用語としては比較的古い言葉だと思いますが、ここでまず確認したいのは、そもそも『検索エンジン』とは何かということについてです。

検索エンジンとは何か?

例えばグーグルの検索窓に調べたいキーワードを入力すると、世界中のWEBサイトや動画などインターネット空間に溢れる無数の情報の中から、ユーザーが知りたい情報にもっとも近い(と判断される)WEBサイトを、順番にランキング化して検索結果として表示してくれます。

これ、すなわち『検索する、ググる』という行為は、私たちにとって今では日常化された行為なのですが、それを実現しているのが検索エンジンです。

検索する事が私たちの生活の一部となるほど日常化された理由の一つとして、インターネットが普及したというインフラ的な要因はもちろんのこと、もう一つ大きな理由があります。それは、検索エンジンの精度が上がって、検索エンジンに対するユーザーの満足感・信頼度が高くなったからです。

それでは、『検索エンジンの精度が上がり』『ユーザー(私たち)の満足度が上がる』とはどういうことなのでしょうか?

検索エンジンに求められるのは“検索の質”

現在の代表的な検索エンジンにはGoogle、Yahoo!、Bingなどがありますが、日本だけでなく世界においてもGoogleがシェア70%以上を占めており、まさにGoogle一強の状態です。

Googleが確固たる地位を築いた理由、それこそが本来の検索エンジンの目的である『ユーザーが知りたい情報に、高い精度でたどり着くこと』を可能にしたからです。

逆に、知りたい情報にたどり着けない検索エンジンでは、信頼されるはずがありません。

過去には、有料での登録制で対象となる検索エンジンでは上位に表示される、というサービスが実在していました。でもそれでは、本当にそのサイトとユーザーが知りたい情報に合致したコンテンツを含んでいるのか怪しくなってしまいますし、その時点で検索エンジンの本来の目的を成しえていないと言えます。

話を元に戻しますが、『ユーザーが知りたい情報に、高い精度でたどり着くこと』を実現するため、検索エンジンは

①クローリングして情報を収集する
②集めたデータをインデックスする
③アルゴリズムに応じてインデックスされたデータを分ける

ということを行っています。これががいまいち理解できないという方は、ちらかった部屋やデスクを片付けて整理する時をイメージするとわかりやすいと思います。以下、検索エンジンの仕組みについて詳しく紹介します。

検索エンジンの仕組み①:クローリング(データ収集)

これから部屋やデスクの整理をしようと思ったあなたは、まずその空間に何があるのか、どういった状態なのかの確認作業(情報収集)を始めます。

検索エンジンにおいては、クローラーと言われるロボットが世界中のWEBサイトの情報を確認して、そのデータを持ち帰ります。

検索エンジンの仕組み②:インデックス

部屋やデスクに何があるのかを確認したあなたは、バラバラになっているモノをどうやって整理して片づけたらよいか、整理・整頓方法を考えてしかるべきところに整理収納していきます。

検索エンジンにおいては、収集されたデータを検索されやすいようにデータベースに整理する作業が行われます。

検索エンジンの仕組み③:ランキング

例えばボールペンやハサミはただ単に文房具としてまとめるだけでなく、使う頻度によってよく使うモノは手の届きやすいデスク上へ、あまり使わないものは引き出しの奥など、しまう場所も変えたりしてアクセスの効率化も考えて整理します。

検索エンジンでは、この例のような『同じ種類のもの』といった特定のルール(アルゴリズム)によってデータを分類するだけでなく、その分類方法にもっとも適したWEBサイトをランキング化していきます。ランキング化とは、使う頻度によってしまう場所を変えるのと同じで、例えばホッチキスは手の届くところにおいて(ランキングが上位)、ホッチキスの芯は引き出しにしまう(ランキングは下位)という感じです。

具体的なSEO対策(Google対策)

具体的なSEO対策(Google対策)

ここまで紹介してきたように、今のSEO対策とはグーグル対策のことであり、目指すのは
『ググられたキーワードでより上位に表示してもらう』
ことに他なりません。

そして、それを達成し得るのは
『グーグルの好む、ランキング上位に入れてもらえるようなサイトを作ること』
となります。

でも冒頭で紹介したように、すぐに検索結果トップに表示されるようなSEOの特効薬的な対策はありません。

明確な対策方法がわからないからこそネット上でいろいろな憶測と情報が飛び回っているわけですが、私自身のこれまでの経験則や独自解釈も踏まえて、本当に有効なSEO対策をいくつかご紹介します。私がサイトを作る時は、いつもこれらを実践しています。

有効なSEO対策①スマホ対応のサイトにする(スマホに最適化する)

Googleからの事前の公式発表で、スマホに最適化されていないサイトは2015年4月21日より順位が大幅に下げられました。場合によっては、それまで上位に表示されていたサイトがランク外に飛ばされることもありました。

スマホの普及に伴い閲覧者数の多くがすでにPCではなくスマホに遷移していたためにとられた対応ですが、この記事掲載時点では、ワードプレスで制作されるサイトの多くはすでにスマホ対応(フレキシブルサイト)となっているかと思います。

でも、昔作ったサイトがまだスマホ対応になっていない場合もありますので、作り替えを検討しているのなら検索ランキングに絶対大きな影響を与える要素なので、試してみる価値は大いにあります。

有効なSEO対策②オリジナルの記事を書く(コピペはしない!)

Googleは『質の低いコンテンツ』を嫌います。『質の低い』コンテンツにもいろいろありますが、代表的なものの一つが『コピペサイト』です。

コピペサイトとは、その名の通り他の記事から勝手に記事の内容をコピペして記事を大量生産していくサイトのことです。オリジナル記事の作者の同意を得ていなければ、著作権法違反にもなる違法行為であることは明白ですが、厄介なのはそういったコピペサイトがオリジナルサイトよりも検索順位の上位に表示されてしまうことが実際にある事で、これはGoogleも認めています。

ただ、上述のようにGoogleは質の低いコンテンツを本当に嫌っています。もしコピペであると認定されれば当然サイト全体の評価が落ちますし、ばあいによっては検索エンジンによるオートマチックなランキング化ではなく『手動対策』によるペナルティを受ける場合もあるとされています。それにそもそも違法行為であるのなら、場合によっては今の時代では訴えられるリスクもあるので、コピペは避けるべき行為です。

結局のところ『人の褌(ふんどし)で相撲を取る』というずるい行為は何のためにもならないという話で、地道にオリジナル記事を書いていく『急がば回れ』精神が大切だと言う話です。

でも、時には引用としてコピペしたい場合がありますよね?その時は素直に堂々と『引用です』と宣言し、オリジナルサイトへのリンクを貼っておきましょう。それが記事のほんの一部であるならペナルティの対象とはならないはずですし、逆に記事の信頼性が増す場合もあります。

有効なSEO対策③サイト制作の前に必ずキーワード選定を行う

WEBサイトの制作を始めるとき、あなたは何から始めますか?私の場合、まずは『キーワード選定』から始めます。

以下、私が実際に請け負ったWEBサイトの制作過程を例にご紹介します。

お客様は美容院を経営されており、まだWEBサイトがありませんでしたからゼロからのスタートです。ヒアリングの結果、『着付けのできる美容院』が強みだと考え、『着付け+美容院』を最重要キーワードに選定しました。

また、美容院はある程度地域に根差したローカルな存在のため、地域名もターゲットとなるキーワードに入れました(例えば『名古屋市』『〇〇区』)。

検索結果①

検索結果②

検索結果③

↑はそれぞれ、

①『着付け 美容院』
②『着付け 美容院 名古屋市』
③『着付け 美容院 名古屋市 〇〇区』

の検索結果ですが、いずれも赤枠の場所に『約〇〇 件』と表示されており、それがキーワードを加えるごとに減少していくのが分かると思います。

最期③の結果が20万件となった時、私は『イケる!』と判断しました。本当にニッチでビジネスにつながるか怪しい場合もありますが、そして業種や販売品目、ライバルサイトの存在にもよりますが、私の経験則では検索件数に最低限のボリューム(数十万件)とそのものの需要が見込めるのであれば、ビジネスチャンスをつかめるという意味では、そのキーワードでトップを狙えると判断します。

実際、この美容院はターゲットキーワード以外にも上位ランキング表示を果たし、今ではネットからのお客様の予約が絶えない人気店になりました。

ただこれだけは肝に銘じていただきたいことがあります。そのお店は集客方法について本当に困っていて、人脈をたどって私の元へ連絡がきました。実際に経営者様にお会いすると、本当に仕事熱心で、高い技術を持っておられ、常にお客様の事を第一に考えておられました。私がそもそも最初に手ごたえを感じたのはこの方の人柄で、だから私は仕事を引き受けました。

結果的に希望するキーワードで検索結果トップを達成しましたが、私はただ知識と技術を提供したにすぎません。大事なのはその経営者様の『熱意』と『お客様第一主義』です。それが大切な理由は↓で紹介します。



有効なSEO対策④自分のためでなく他人の役に立つサイトを作ること

実はWEBサイトの制作において、これが一番大切だったりします。自分のためではなく、そのサイトを見ているユーザーのためにサイトを作ること、です。

特にアフィリエイトを始めたばかりのWEBサイト初心者が陥りやすいことなのですが、コンテンツの内容がユーザー目線になっていないことが多々あります。

↑で『大事なのは熱意とお客様第一主義』と紹介しましたが、ユーザー目線に立っていないサイトは

『私はこの商品を売りたいです!』
『とにかくこの商品は良い商品です!』

とアピールするばかりで、もし例えるなら過剰に接客して商品を売り込む煩わしい店員そのものなのです。例えばコスメやサプリメントなどの場合、

『こんなヒトにはデメリットもある、効果が無いこともある』

という情報など載せていないことも多々あります。これはお客様目線でコンテンツが制作されていない典型的な例だと言えますが、場合によってはこれこそユーザーが知りたい本当の情報かもしれないという観点も必要なんです。

もし実際の店舗なら、イケイケで押したらつい買ってしまうという場合もあるかもしれません。でも、そのお客様は二度と来てくれないでしょう。または、購入を失敗したと感じたら適切な説明がされなかったとしてクレームがくるかもしれません。いずれも、お店にとっては前者は未来の、後者は現在の大きな損害となります。

こうしたユーザー目線に立てない記事・サイトがヒットすることはまずありませんし、もし閲覧してくれたとしてもユーザーは秒で立ち去り、リピートも絶対ありません。実店舗だろうとWEBショップだろうと、ユーザー目線の対応が信頼に繋がるという唯一つの事実は、決して忘れてはいけません。

売りたい自分目線ではなく、いかにお客様(ユーザー)の目線に立ったWEBサイトを作れるか、作ろうとするのかが、SEO対策においてもとても大切だという話です。

有効なSEO対策⑤記事の書き出しは最重点ポイント

これについては、他のサイトでも広く紹介されているので詳細は割愛しますが、そのWEBサイトが自分の見たいサイトかどうかを判断する際に、ヒトは記事の一番最初の数行で無意識のうちにそれを判断している、というものです。

記事の最初の数行がとても大切であるからこそ、そこには選定したキーワードを配置して興味を惹くようなテキストを考える必要がありますし、アイキャッチ画像を使うのであればその効果も意識する必要があります(アイキャッチ画像については↓の記事もご覧ください)。

有効なSEO対策⑥サイトマップを設置する

本来サイトマップは、コンテンツが多いWEBサイトほどユーザーが知りたいコンテンツにたどり着けないというジレンマを解消するために設けられるものですが、サイトにはユーザーだけでなくクローラーも訪れます。その際、サイトマップがあるとクローラーがサイト全体をくまなく素早くクローリングしてくれるというメリットがあり、サイトマップの設置はクローラー対策としてSEO対策としても有効です(サイトマップについては↓の記事もご覧ください)。

まとめ:SEO対策に必要なこと

まずは検索エンジンについての理解です。Googleが検索エンジンでは世界において一強の時代であることを意識し、今の時代のSEO対策とはつまり『GO(グーグル最適化、Google Optimization)』対策であることを忘れてはいけません。

そして、SEO対策についてです。ここまで紹介したことは、有効なSEO対策の一部に過ぎませんし、業種や品目、サービスによって、それぞれで考え方ややり方を工夫する必要があります。

ここまで紹介したことを整理すると↓のようになります。

【準備段階】WEBサイト制作前

●スタイルガイドプランのようなものを作って、サイトのおおまかなアウトラインや方向性を確認する
●ターゲットとなるキーワードを選定する

コンテンツの在り方

●常に検索エンジン(Google)を意識したサイト・記事作りに心掛ける
●コピペはしない
●常にお客様(ユーザー)目線に徹して、何がユーザーにとって役に立つのかを意識する

最期に、SEO対策には決してすぐに効果のあがるような秘訣などないこと、地道な努力が必要であることを忘れないでください。

ピックアップ記事

関連記事一覧